膝の内側から膝下にかけての痛み(鵞足炎)

[2014年10月16日(木)] カテゴリ: 腰痛予防ストレッチ

image

 

ども(^^)/~~~

今日は富士山初冠雪でしたねぇ。

最近は特に寒くなってきたので、
昨日今日と長袖で施術していた

トレーナー整体師の竹本です(^_-)-☆

 

こうして寒くなってくると、体も縮こまりがちになりやすいので、

そんなときこそ、きちんとストレッチしてあげないと、

ちょっとした日常動作でも怪我をしやすくなりますので、

特に、お風呂で温まった後なんかにストレッチしてあげてくださいね!

 

で、今回は、この前、膝の内側下部分が痛いという
患者さんが居たので、

YouTubeでも解説してありますが、

膝の内側下部分の痛み解消に役立つとともに、

結果的に腰痛予防にも役立つストレッチをご紹介します。

具体的な方法はYouTubeを見てくださいね!

写真にも載っていますが、膝の内側下部分は
3つの筋肉が集まっている部分で、
専門的には「鵞足」(がそく)と呼ばれる部分で、
炎症をおこしやすいところです。

3つの筋肉のうちの一つでも硬くなったら、

その筋肉が付いている膝の内側下部分(「鵞足」)
が引っ張られてしまうので、炎症を起こしてしまいます。

特に、切り替えしや膝をひねるようなスポーツ(サッカー、バスケ、水泳など)
をやっている人や、

膝が内側に入ってしまっているX脚の人(女性に多いです)

がなりやすいです。

 

なってしまったばかりで炎症(痛み、熱、腫れ、赤み、痛くて動かせない)
が強い場合は、安静にして、

やってしまった当日は冷やす、

炎症がだんだん引いてきたから温めてあげる

というのが基本ですが、

 

「鵞足炎」にならないようにするためには、

鵞足を構成している3つの筋肉を柔軟にしておくことが大切です!

さらに、それらの筋肉は、膝とともに、股関節もまたいでいる筋肉なので、

硬くなってしまうと、腰にも負担が掛かります。

 

ですので、膝だけではなく、腰の負担も減らすためにも、

膝の内側下部分が今は痛くはなくても、

それらの筋肉が硬い人は、痛みに変わる前に、

今からちゃんとストレッチしてあげてくださいね(^_-)-☆

 

p.s.来週と再来週の火曜日のイベントの詳細です。

 


お試し「腰痛改善整体」無料体験イベント(詳細はこちら
所要時間約10~15分

10月21日(火)10:30-16:00 スナップハウス(ガリバー)東川口店にて

10月28日(火)9:00-19:00 東川口まるか腰痛整体院にて 

 


28日は前日までの予約制になりますが、

スナップハウスでのイベントは、
スナップハウスにはキッズスペースとともに、カフェスペースもありますので、
子供を遊ばせておいての当日参加も可能です。

両会場とも駐車スペースはありますので、車で来て頂くことも可能です。

ぜひ、「東川口まるか腰痛整体院」の竹本まで、お電話かメール、予約フォームから
ご連絡お待ちしています(^^)/~~~

 

 


東川口まるか腰痛整体院

■電話048-299-4447 (院長直通090-8777-9217 )
メールでのご予約・お問い合わせはこちら(24時間受付)
■[営業時間]
新規の方14:30~19:00最終受付
会員の方は9:30~10:00、14:30~21:00
火曜定休・完全予約制
■[アクセス]
埼玉県川口市戸塚東3-6-26 (そば処「満留賀」内) 東川口まるか腰痛整体院地図

 


LINE LINE2

通院回数目安
地域別比率
川口市<旧鳩ヶ谷市含む>69%
さいたま市
<旧浦和市、大宮市、与野市、岩槻市含む>(緑区・岩槻区・浦和区・見沼区・南区・大宮区・中央区)
10%
越谷市8%
草加市7%
蕨市2%
春日部市1%
東京都
<北区・足立区・中央区・板橋区・世田谷区・練馬区・荒川区・豊島区>
2%
その他1%

LINE