坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは、「お尻から足にかけて起こる痛みや痺れなどの症状」のことですが、「坐骨神経痛」自体は、病名ではなく、症状です。

例えば、同じ「腰痛」という症状でも、
原因となる病気が変形性腰椎症・ヘルニア・狭窄症(きょうさくしょう)・分離症・すべり症などだったりするのと同様に、

上記の変形性腰椎症・ヘルニア・狭窄症・分離症・すべり症などが原因となって、坐骨神経痛の症状が出ることがあります。

腰から出ている神経がお尻や足などを支配しているため、腰に異常があると、その神経が圧迫されるなどして、お尻や足など、腰から下に痛みや痺れが出ます。

それぞれの病気は、簡単に説明すると・・・

変形性腰椎症(椎間板症・椎間関節症)

肉体労働など、腰に負担が掛かる仕事をしている人にも多いですが、主に加齢が原因で、腰椎(背骨の腰の部分)が変形して神経を圧迫したり、関節やじん帯に炎症を起こしたりします。

慢性的な痛みが特徴で、特に、朝起きて動き始めるときや、ずっと立ちっぱなしだったときなどに痛みが強くなります。「これ以上痛くて動かせない」という、動かせる範囲に制限があることが多いです。腰椎の変形は年を取れば誰でも多かれ少なかれ生じてきますが、症状が出る人と出ない人がいます。骨が変形していても、しっかりと支えるだけの筋肉がある人はあまり症状が出ません。

「変形性腰椎症」は、変形が原因となって起こる腰椎の病気の総称です。

腰椎椎間板ヘルニア

仕事などでの長時間の同じ姿勢(特にデスクワークなどでの前かがみ)や加齢などに伴い、背骨と背骨の間にあるクッションの役割をしている「椎間板」の弾力が低下し、椎間板の中心部にあるゼリー状の髄核が飛び出てきて、神経を圧迫すると共に、その部分に炎症が起こるため、、腰や脚に痛み、痺れが起こります。特に前かがみになったときに症状が強くなります。

しかし、その飛び出た髄核も自然と元に戻ることも多いため、手術をしなくては治らないというわけではありません。

腰部脊柱管狭窄症

背骨の神経の通り道(脊柱管)が何らかの原因により狭くなって、神経が圧迫されているため、腰から脚にかけて痛みや痺れが出るもの。

「間欠性は行(はこう)」と言って、少し歩くと痛みや痺れが出るが、座ったり、前かがみになって休むとまた歩けるようになる症状が特徴的です。(逆に、座ったり、前かがみにならなくても症状が改善する場合は、閉塞性動脈硬化症などの血管性の病気が疑われます。)

腰椎分離症・すべり症

腰椎分離症は簡単に言うと、腰椎(背骨の腰の部分)の疲労骨折です。成長期に激しい運動などをした人に多いのですが、、骨折を起こし、背骨と背骨をつないでいる関節(椎間関節)が離れてしまう(分離)ことで、不安定になります。

そして、すべり症は、分離症や、加齢による腰椎の変性などによって、本来きちんとつなっがっていなければいけない背骨同士が、前方や後方にすべってずれてしまうことで神経を圧迫したりします。そうなると、腰痛だけでなく、お尻~脚にかけてしびれる「坐骨神経痛」の症状が出てきます。
後ろに反るような動きをすると特に腰痛の症状が強くなります。

分離症だけでは症状が出ないこともよくあります。
分離してしまっていても、すべらないようにしっかりと支えるだけの
筋肉があれば、症状は出ずに済みますが、加齢や運動不足などにより、
筋肉が衰え、支えきれなくなるとすべってしまって、
症状が出てきてしまいます。



当院では、これらの病気そのものを物理的に治すのではなく
(そもそも、物理的に治すなら手術しかありませんので)、
それらの症状を持っていても、生活に困ることは無く、
自分のやりたいことが出来る体にしていくことを目標にしています。


実際に、上記の病気でも、薬や手術なしでも、症状が出ずに、十分に日常生活を満喫できている人もいます!

レントゲンで、ヘルニアと画像診断されても、症状が出る人と出ない人がいるのです。

腰椎(背骨の腰の部分)の変形や狭窄(神経の通り道が狭くなっていること)自体を物理的に広げたり、元の骨に戻すことは手術以外に出来ませんが、脚に行く神経は腰~お尻~太もも~ひざ~ふくらはぎ~足首と通っているので、その通り道のどこかが障害されていれば、元々、腰の部分での変形や狭窄で神経が障害されているのに、さらに、その症状を悪化させてしまいます。

(「泣きっ面(腰椎の変形や狭窄)に蜂(神経の通り道の圧迫)」状態です!
せめて、「泣きっ面」だけで抑えておいてあげて、生活に支障が無いようにしていきませんか?)

腰~お尻~太もも~ひざ~ふくらはぎ~足首のどこかで筋肉が緊張してしまい、血流が悪くなっていると、しびれや痛みはより強くなってしまいますが、たとえ、腰の部分で神経が圧迫されていても、神経の通り道の筋肉を緩めてあげて血流が良くなると、神経の機能が良くなり、症状の悪化を防ぐことも出来ます。

ですので、腰椎にこれ以上負担を掛けて変形や狭窄を悪化させないようにするのはもちろん、その通り道を障害させないようにするための施術を当院では行っています。

実際に、当院の患者さんでも、狭窄症で200m先のコンビニまで歩くにも、途中で休まなくては行けなかったのに(狭窄症に特有の「間欠性は行」というもので、座って休めば症状が治まってきます)、「休まずに行けるようになりましたよ!!」って、患者さんの方から嬉しい報告をしていただいたこともあります。


「腰痛とは」にも書いてありますが、ストレスからくる「心因性腰痛」も上記のような腰椎の物理的変形などからくる腰痛と合わさっていることも多いため、「ストレスから来る腰痛⇒痛みによるストレス⇒そのストレスで腰痛が悪化」
というように、悪循環に陥ってしまい、腰への負担がなくなって、筋肉などの物理的なものは良くなっても、ストレスがなくならないとなかなか治らないことが多いです。

逆に、上記の休まずに歩けるようになった狭窄症の患者さんのように、腰痛によるストレスから開放されると、経験上、すごく回復の速度が速いです。


ですので、当院でも、施術で腰への負担を取って行くのはもちろん、患者さんとのカウンセリングで、「どうなりたいのか、何が出来なくて困っているのか、何が出来るようになると嬉しいか」というゴールを決めて、まず、それに向かって患者さんも私も共にがんばることによって、ストレスから来る「心因性腰痛」も解決して、笑顔で充実した生活を送れるようにしていきましょう!!



LINE LINE2

通院回数目安
地域別比率
川口市<旧鳩ヶ谷市含む>69%
さいたま市
<旧浦和市、大宮市、与野市、岩槻市含む>(緑区・岩槻区・浦和区・見沼区・南区・大宮区・中央区)
10%
越谷市8%
草加市7%
蕨市2%
春日部市1%
東京都
<北区・足立区・中央区・板橋区・世田谷区・練馬区・荒川区・豊島区>
2%
その他1%

LINE