院長プロフィール

院長
姪っ子の「みおん」「みう」
院長 竹本 政和(たけもとまさかず)

S52.3.15生まれ / 早稲田大学商学部卒

  • 4歳まで東京都北区浮間で過ごす
  • 東川口幼稚園
  • 戸塚東小学校・戸塚ジャガーズ(野球)
  • 戸塚中学校・野球部
  • 川口北高校・バレー部
  • 代々木ゼミナール(浪人(^^ゞ)
  • 早稲田大学商学部
  • (株)日本旅行勤務
  • そば処満留賀勤務・ワタナベ学園調理師専門学校(越谷市)
  • スポーツクラブ「ルネサンス」にてスポーツトレーナーとして勤務
    リフレッシュリラクゼーションスクールパーソナルトレーナー科、整体科(飯田橋)
  • 銀座の大手整体サロン勤務後、「東川口まるか腰痛整体院」オープン


院長より皆さまへ

こんにちは。「東川口まるか腰痛整体院」の院長の竹本政和です。
当院には腰痛でお悩みの方が多く来て頂いています。

実際に自分自身も、好きなジムでの運動(エアロビクス・ヨガ・ピラティス・ステップ・格闘系のレッスンや筋トレなど)が辛いくらいの腰痛持ちでした。

しかし、今では股関節周りのストレッチとトレーニングなどの腰痛改善の対策が分かっているので、腰に負担がかからないような体・姿勢にするための運動やストレッチで、腰痛が全くのゼロになったわけではないですが、今では問題なく、好きなジムでの運動も楽しく続けられるようになっています。

*

(当院のお客様の多くもそうですが、腰痛を全くゼロにしたかったのではなく、今ある問題(僕の場合は腰痛のせいで、ジムでのレッスンで思いっきり動くことが出来なくて、楽しめませんでした)を解決し、好きなことが出来る充実した生活を送りたかったので)

そんな腰痛持ちの僕がなぜ、この整体院を始めようと思ったのか、少しだけ聞いて下さい。
腰痛ながらも、好きな運動で汗を流していた頃
*

元々中学の頃からの腰痛持ちで、ぎっくり腰を繰り返していましたが、接骨院の電気やマッサージでその場をしのいでいました。
そんな体でも、中学は野球、高校はバレーボール、そして、大学生になってからは、スポーツクラブで体を動かすのが大好きでした。

大学卒業後も、旅行会社勤務を経て、自宅の蕎麦屋で働きながら、ほぼ毎日スポーツクラブ通いをしていました。

自身の腰痛改善だけでなく、他の人にも腰痛にならないような体になるためのトレーニングを指導したいとう思いが芽生える
トレーナーの専門学校での勉強時代)

スポーツクラブでは、自分自身で腰痛対策などの勉強を独学でし、
腰痛にならないような体にするためのトレーニングと、レッスンなどで汗を流して楽しんでいました。しかし、周りを見てみると、むちゃくちゃなトレーニングをしている人たちが・・・。
「これじゃ怪我するよ!」
「もっとこうすれば効果的なのに!」 
そんな人たちにもっときちんとしたトレーニングを教えてあげたい!

そんな思いから、きちんとしたスポーツトレーナーの資格を取るために、100万円以上のお金をかけて、学院長がオリンピック女子体操チームのトレーナーも勤めている、トレーナーと整体の学校に1年半、自宅のそば屋で働きながら通いました。

そこで、トレーニング理論・実技はもちろん、解剖学、生理学、栄養学、さらには東洋経絡(ツボ)、リフレクソロジーなどと共に整体の勉強もしてきました。

専門学校で勉強していたNSCAパーソナルトレーナーの資格のテキスト
(707ページもありました・・・。必死に勉強してこれを頭に叩き込みました。
その内容はテキストの目次で見てみてください(写真をクリックすると拡大できます))
NSCAパーソナルトレーナーのテキスト1
NSCAパーソナルトレーナーのテキスト2
NSCAパーソナルトレーナーのテキスト3
NSCAパーソナルトレーナーのテキスト4
NSCAパーソナルトレーナーのテキスト5

そこでの勉強を踏まえ、さらに、NSCA(日本ストレングス&コンディショニング協会)のパーソナルトレーナの資格も取得しました。

*

「NSCA・・・?」「・・・は?」ですよね。
この資格は、スポーツクラブなどで有料で個人的に
マンツーマンで指導するパーソナルトレーナーとして
働くためには必須というくらいのかなりマニアックな
プロのトレーナーの資格で、
実際にスポーツクラブのパーソナルトレーナー
人たちはこれか、もしくは、
同等の資格を持っている人達がほとんどです。

スポーツクラブのトレーナーでの指導に限界を感じる

実際に自分もこの資格を取ってから、某大手スポーツクラブでトレーナーの仕事をしていました。

*

しかし、実際は大勢の会員さんを見なくては
いけないので、一人の人を4~5分指導していたら・・・、
「何やってるんだ!ちゃんと全てを
見回らなきゃ駄目じゃないか!!」と言われてしまい、
結局、自分が指導していた人も中途半端に・・・。

「これでは自分がやりたいことと全く違う」

「自分はもっと個人をちゃんと見たい、指導してあげたいんだ!」という思いから、

接骨院・整骨院や鍼灸院の先生達が集まって勉強している勉強会に1年間参加しながら、大手整体サロンで働き始めました。

銀座の大手整体院で指名率ナンバー1へ

整体ならマンツーマンでその人を見られる。
直接の運動指導は出来ないが、「こうしたらいいですよ」というようなアドバイスは出来る。
(実際には、指名してくれているお客様にはトレーニングも入れてやっていましたが(^^ゞ)
スポーツクラブのトレーナーよりはよっぽど自分がやりたいことでした。

しかし、銀座では、2000人以上ものお客様を見てきましたが
(おかげさまで、「なぜ今の症状が出ているのか」という分析を、
プロのトレーナー目線で見ていき、
腰だけではなく、腰に負担をかけている股関節周りを中心とした筋肉にアプローチすることによって、その後も負担がかからないような体にしていったので、
根本から改善したいというお客様にはとても支持され、指名率№1を獲得しました。
トレーナーとして、かなりの勉強をしてきて、今も続けていて、
体の知識については、銀座店の店長も僕に聞いてくるくらいでしたので(*^^)v)、

そもそもが、駅ビルに入っているような大手の整体院には、
完全に癒し目的で、「ただ揉んでくれればいい」という方もたくさん居ました。
そのような人にはお店のメニュー上、ただ揉んで終わりになってしまい、
「疲れや痛みの原因をつき止めて根本が解決できずに、
その場しのぎになってしまう。」という思いを抱えていました。

独立し、自分にもお客様にも理想の整体院へ

そういった思いから当院は、タダの癒しの「ほぐし」ではなく、
自分自身も、タダのマッサージなどのその場しのぎのものではなく、
股関節周りのストレッチとトレーニングなど
腰に負担の掛からないような体作りをし、腰痛を克服してきた経験から、

まず、

  1. 1.今緊張している筋肉は「もみほぐし」
  2. 2.股関節を中心とした腰に負担を掛けている筋肉を「ストレッチ」「関節調整」(動きが悪くなった関節に動きをつけていくもので、ボキボキではなく、固まった関節をゆっくり動かしやすいようにサポートしながら動かしていきます。)で緩め、腰への負担を取り除き、症状が改善されてきたら、
  3. 3.その後も負担がかからないよう、その姿勢をキープ出来るように「トレーニング」

していきます。

特に、腰痛に関しては、自分でも股関節周りの筋肉のセルフケアをして、
克服してきたので、股関節の動きをスムーズにしていくことによる効果は実証済みです!

ただ、闇雲にトレーニングをするだけだと、むしろ体を痛めてしまう可能性や、
さらに、固い筋肉がもっと固くなってしまって、より腰への負担を強めてしまう可能性が高いので、スポーツクラブでトレーニングをするだけではなく、上記の①、②をしてあげた上で、その人に合った適切なトレーニングが必要になってきます。

*

当院独自の以上の3つのステップで、
今だけでなく、
今後も思いっきり好きなこと出来て、
笑顔で充実した日常生活が送れるようにしていきませんか?

保有資格など

  • NSCA(日本ストレングス&コンディショニング協会)認定パーソナルトレーナー
  • リフレッシュ・リラクゼーションスクール認定パーソナルトレーナー、整体師、カイロプラクター、リフレクソロジスト
  • 日本治療協会会員
  • ウォーキングトレーナー
  • 日本コアコンディショニング協会認定「ベーシックインストラクター」
    (ストレッチポールの資格です。)
  • 赤十字救急法基礎講習修了
  • 調理師免許
  • 食生活アドバイザー
  • 日本ダイエットアカデミー協会認定ダイエットマスター
  • 簿記検定2級
  • TOEIC895点
  • ドイツ語検定2級
  • 旅行地理検定2級
  • 早稲田大学商学部卒業


LINE LINE2

通院回数目安
地域別比率
川口市<旧鳩ヶ谷市含む>69%
さいたま市
<旧浦和市、大宮市、与野市、岩槻市含む>(緑区・岩槻区・浦和区・見沼区・南区・大宮区・中央区)
10%
越谷市8%
草加市7%
蕨市2%
春日部市1%
東京都
<北区・足立区・中央区・板橋区・世田谷区・練馬区・荒川区・豊島区>
2%
その他1%

LINE